Skip to main content
Category

菊池

ご来店のお客様 塗装職人を選んだ理由とは 

By スタッフブログ, 菊池

先日、お客様が塗装職人東京店である、世田谷区の事務所までいらっしゃいました。

同じ都内ではありましたが、江戸川区にお住まいのお客様でしたので、ちょっと遠いかな?と…。

しかし、様々な理由から弊社を選んで頂き、この2月末には工事が始まることとなりました。

なぜ遠いと契約が難しいのかなどの話も踏まえて、今回はお話したいと思います。

 

遠方からご依頼に来たお客様

 見積もりについての説明を、ご家族4人で聞きにいらっしゃったお客様。

ネットでいろいろと検索して、塗装職人を知り「是非塗装職人に依頼をしたい」と思ってくださったのだそうです。

お客様によっては電話やメールによる見積もり依頼で自宅で契約を行う方もいらっしゃいますが、会社の雰囲気を知るために事務所まで足を運んでくださるお客様も多数いらっしゃいます。それにより詳しいご相談が出来たり、双方の安心にも繋がったりとメリットがあります。

〔関連動画:失敗しない業者選びは塗装会社を訪問すること〕

 

お客様が住んでいらっしゃるのは用賀から東京の中心を挟んで反対側にある江戸川区なので、職人がお客様宅まで伺う際には、高速代などもかかってしまいます。

そのため、「お近くによい塗装業者があるのであれば、そちらのほうが安くなると思います」と正直にお伝えしたほどです。

 

ネットが普及したこともあって、まれに弊社の横浜店や東京店から離れた場所にお住まいのお客様からご依頼を頂くことがあります。

その場合には、どうしても通常の工事費用にプラスして、移動費や高速代、駐車場代など…

遠方料としての経費がかかるのです。

 

もちろん業者によっては、依頼のあった家の近所でその場雇いの職人を集めて、高速代などをかけないようにして工事するところもあります。

しかしその場雇いでは、技術にばらつきが出ることに……。

弊社は、職人の技術力を重視している会社のため、そうした職人の集め方はしません。

この内容をご説明させ頂き、見積書をお渡ししたのですが、お客様からは「できるだけ前向きにお返事が出来るようにしたいですが、経費の部分が予算を超えて難しい時はお断りするかもしれません」とのお返事が。

菊池としても、それはあたりまえだと思いましたので、かまいませんとお答えしました。

 その後、お客様からすべてを踏まえた上で「工事をお願いしたい」とご連絡があり、契約となったのです。

外壁塗装の工事内容 多彩色塗りとは

今回お客様からご依頼頂いた工事内容は、雨漏りの補修と、多彩色による塗装工事でした。

今回の多彩色は、吹きつけで行います。

数色をまだらに吹き付けることによって、壁に変化がうまれ重厚感が出るのです。

ただ、この多彩色は少し特殊な工事のため、工事費用が高くなります。

〔関連動画:多彩色の工程〕

そのため、見積時には通常の塗装と多彩色での塗装の費用を出させて頂きました。

なぜなら、こうして比べることで費用が高くなる工事の工程や材料などをしっかりとご理解頂いた上で、選んで頂きたいからです。

雨漏りもシーリングが怪しいので、足場が建ったら高圧洗浄をしっかりとかけ、調査をしたいと思っています。

 

塗装工事、ご家族に楽しんで頂くためにできることとは

 お客様が弊社で塗装工事を検討された内容の一つに、お子さんの塗装体験がありました。

弊社では、塗装工事をただの工事としてだけ行うのでは無く、せっかく新しく家が生まれかわる機会なので、家族で立ち会って頂こうと『塗装体験』『お絵描き大作戦』などのイベントを用意しております。

〔関連記事:弊社のイベント活動・塗装体験〕

イベント活動・職人体験

こちらは契約時に申し込みが必要なのですが、いつも大変喜んで頂いているイベントの一つです。

その他にも、弊社では事務所の近所の方や、用賀サマーフェスティバルなどに参加してお子さんに簡単な塗装体験ができるよう、木製の貯金箱やコースターのペインティングを行っています。

〔関連動画:第15回用賀サマーフェスティバルに出展〕

今回もお客様がご来店くださった際に、社長の曽根がお子さんへ『森のいえ』貯金箱キットを差し上げました。

先日契約のために、お客様宅へお伺いした際に、「頂いた貯金箱を二人とも塗ったんですよ」と、リビングに色つけをして飾ってある貯金箱を見せてくださったのです。

非常に綺麗に塗ってあり、ふたつとも素敵な貯金箱になっていましたので非常にうれしく思いました。

今回の工事では、お子さんの塗装体験を二月の終わりごろに予定をしています。

弊社のYouTubeでもご報告いたしますが、菊池のブログでも3月の頭にご紹介する予定です。

 

弊社では、塗装をただの工事にするのではなく、家族のイベントとなるようなことも企画しております。

もし、小さいお子さんがいらっしゃいましたら、塗装の体験をしてみて下さい。

ただの外壁塗り替えが、家族の記念日になります。

〔関連動画:昨年開催の塗装体験〕

 

お客様のご希望を叶えるために

塗装職人の見積書は、工事内容などを分かりやすく書き、その上でしっかりとご説明いたします。

ですので、遠方料などの経費なども明確です。

 

さらに、工事のお見積もり相談を頂いた際に、ご希望がある場合には何種類かのパターンを想定した見積書を出させて頂きます。

お客様のご希望通りの見積書も出しますが、それ以外にも工事内容をシェイプしたものや、ご要望の効果に近いもので安い工事になるもの、また1回の工事費用は高くても長期的にみると安くなるというものなど、さまざまです。

〔関連記事:弊社の工事品質〕

工事品質

お客様にベストな選択をして頂くために、考えられる限りの工事内容をご提案する。

そうすることで、今回のお客様も、立地や、工事内容などさまざまなことを比較し、ご検討頂けます。

 

工事は、塗装職人だけの考えで行っても、お客様の思いだけで行っても上手くいきません。

両者の工事に対する方向性が合わさることで、良い仕上がりへと向かうのです。

これからもお客様のご希望を具現化するために、塗装職人の知識と技術をもって家だけでなく、住む人にも優しい工事に取り組みたいと思います。

遮熱や断熱塗装の世田谷区の補助金申請そこそこ忙しいです。

By スタッフブログ, 菊池

他の業者さんはわかりませんが色々バタバタしてます。

もちろんコロナ対策をしながら現場も職人もフル稼働です。

それに加わり世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金という長くて申請を遠慮しちゃいそうな名前の書類申請に追われています。

申請書類は多岐にわたりますが、申請数も多い分確認書類も満載です。

去年もそうでしたが補助金の限度額があるため、利用するなら早めのほうが良さそうな感じです。