Skip to main content
Category

お知らせ・ニュース

東京店舗リニューアルで屋根工事の材料サンプルを飾りました

By お知らせ・ニュース, 社長ブログ

暑いですね。。ものすごく。

梅雨明けをしたらしいですが、今年は梅雨らしい天気があまりなかったように思えます。塗装作業には持ってこいの天候ですが、その代わり暑い!水不足もどうやら心配になってきているようす。現場作業にもより一層気合が入る状況ですね。

その影響や世界情勢もあいまってここ最近ではエネルギーに関する問題も深刻になってきています。政府では節電を呼び掛けたり先日は「電力需要ひっ迫注意報」が発令されました。それを受けて塗装事業者としては影響も小さいとは思いますが昨日7/1から店舗外観の照明を消すようにしました。

以前はこのように証明が灯っていました。

本当は外観をリニューアルしたので夜もバッチリ店頭を目立たせたいとは思っていますが仕方ないですね。ただし夜に限ってディスプレイはつけてます。リニューアル内容は店舗の窓回り枠の塗装とその横の外壁タイルに貼ってある「近所案内マップ」や飾りなどです。

マップは2017年の開店当時からのものなので、店舗の入れ替わりもあって5年ぶりに20か所ほどを修正。

ローラーのモニュメントもローラーハンドル部分が錆びてしまって見栄えが悪いので交換し一新。

枠廻りのリニューアル前はこのように傷んでいました。

 

大工の内藤によって枠も修繕し塗装は一級塗装技能士の曽根が塗りました。

あわせてカッティングシートも交換。うちの創業は平成3年のため今年で創業31年になるわけですが、年を越すたびに当然ながら創業32年、33年に変わっていくきます。そのたびに変える必要性も出てきてしまうのですが、創業当初の年数より経過年数のほうがより社歴年数を具体的に知ってもらうことができるため思い切って経過年数で表示しました。

昼間に店舗外観を全体的に見るとこのような具合です。

 

ついでにエアコン室外機の架台も塗装。室外機はうちの持ち物ではありませんが、オーナー様に許可を得たうえで無償にて塗装致しました。実はこの室外機は長年放置状態でしたので、錆びて穴が開くほど劣化していました。

 

このような感じで窓回りと架台の錆びなど客観的に見ると塗装屋に身を置くものとしてはあまりふさわしくなかったのかもしれません・・(笑)。休憩できるようにベンチを2つ設置してあるのですが、その上の用紙も紫外線によって劣化して傷んでいたため交換。

 

そして今回のリニューアルの一番のポイントは屋根材のサンプルを外壁に展示したことです。

 

数年前の多大なる台風の影響で、ここ最近では屋根工事が非常に多く増えていて数多くの屋根工事をしているのですが、これまでは見積りにお伺いするときなどの状況でしかお客様にとっては屋根材をとって触れることができません。

今は葺き替えするほどでもなく、現状の屋根の上から被せるように張る「カバー工法」が主流ですが、そういわれてもイメージが湧きません。うちでも数多くの施工例としてwebやYouTubeなどで結構大量にコンテンツをアップしているのですが、実際に触れるのではイメージの持ち方が異なってくると思います。

 

しかもカバー工法と、一言で言っても素材も異なれば形も違うし、屋根材のメーカーも様々です。そこでうちの場合で良く使用するのが、ガルバリウム鋼板とジンカリウム鋼板の屋根材です。

 

中には屋根材表面がザラザラしている「自然石粒」が散りばめられている屋根材もあります。こちらはまさしく触れればイメージが湧きます。自然石粒は熱の吸収を分散させながら放射状に跳ね返すのと、雨音の軽減の硬化もあって多くの屋根材メーカーもこの仕様を取り入れています。よく使用しているのはスカイメタルルーフやリッジウェイ、スーパーガルテクトでしょうか。

外壁や屋根の場合は色で判断できますが、屋根工事の場合は風合いや質感も大事なのでお近くに寄ったときはぜひ触れてほしいですね。

 

令和4年度も塗装の補助金制度利用できます。

By お知らせ・ニュース

新年度になりました。
今年は18歳から成人扱いになったりして毎年の年度より目新しいものが飛び込んできます。

世界情勢の影響でエネルギー不足も不安視されていますね。
そんな中値上げラッシュも始まって生活に多大な影響もこれから出で来るのではないかとあまり良い雰囲気ではない気もします。
ウクライナ現地の状況と比較すればたいしたことではありませんが、それでも価格が安くなるのに越したことはありません。

東京都では自治体によりますが、外壁や屋根の塗装で補助金が利用できます。
世田谷区では令和4年も昨年と同様に補助金の予算が組まれ公表されました。

 

条件は日射反射率などの色指定もあり、屋根がメインの外壁塗装の補助金ではありますが最大で総工事費用の20%を補助してくれます。

屋根だけではなくベランダ床のトップコート材にも遮熱塗料はあります。

 

毎年予算が消費されて年度末ごろはもうない状態になり、毎年翌年度の補助金の予算が組まれるのか不明な部分ではありますが、これまでずっと変化なく利用できています。

新しい情報ではロシアからの天然ガスのエネルギー輸入はルーブルでの支払いなど、欧州だけでなく日本にも揺さぶりをかけているということですが生活にも多大な影響を与えかねません。
天然ガスは都市ガスや火力発電の主力燃料に使われたりするので、ガス代はもちろん電気代の高騰にもつながりかねません。

これから春になって夏が来てエアコンが必須な時期が来ますが、遮熱や断熱塗料はエアコン代の節約にもなります。

 

これまで数多くの補助金申請も代わりにさせてもらっています。
補助金の申請はある程度うちでも代行させてもらっりしていますが、納税証明書が必要でデリケートな部分もあるため自分で行うこともできます。

国が進める地球温暖化対策や脱炭素にもつながるため、補助金制度がなくなるということはないと思うので、無理に塗装の計画を早めることもないですが知っていても損はないはずです。

謹賀新年

By お知らせ・ニュース

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

昨年は新型コロナウイルスの影響が依然とどまりませんでした。
一日も早い収束をお祈り致します。

また、昨年は創立三十年を向かえる記念の年となり、東京都杉並区には支店を開設いたしました。
本年は新たなる一年と位置づけ、皆さまにご満足いただけるよう、サービスの向上に努めます。

なお一層のご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

令和四年一月一日

株式会社 塗装職人

年末年始の休業のお知らせ

By お知らせ・ニュース

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。

下記の日程の通り、年末年始の休業とさせていただきますので、宜しくお願い申し上げます。

【横浜店】令和3年12月29日(水)~令和4年1月4日(火)

【東京店/杉並店(防水事業部)】令和3年12月29日(水)~令和4年1月5日(水)

休業期間中のお問合せに関しては、弊社ホームページのお問合せフォーム、もしくはメール、FAXにてお願い致します。

確認次第、順次お返事をさせていただきますので、予めご了承ください。ご不便をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

塗装職人・東京店

今年のお見積り調査は終了いたしました。

By お知らせ・ニュース

いつもお世話になっております。

塗装職人です。

横浜店、東京店合わせて今年のお見積り調査は終了いたしました。

引き続きお見積りのご依頼受付は可能ですが、実際に診断調査へお伺いできる日程は2022年1月8日(土曜)からの順次調整となります。

なお工事につきましては3月以降を目途にした工事予定なる旨をご了解の上ご依頼くださいませ。

以上ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。

株式会社 塗装職人

 

※お見積り依頼の際の参考にされてください。

 

塗装職人・東京店

塗装職人東京店

お見積りについてのお知らせ

By お知らせ・ニュース

現在、お見積り依頼が集中しております。
少数精鋭で業務にあたっているため、ご依頼を頂いてから、
お伺いするまでに3週間程度のお時間を頂戴しております。
お急ぎのところ大変恐縮ですが、ご理解の程お願い申し上げます。

2021年10月15日
株式会社 塗装職人

抗原検査の陰性のご報告

By お知らせ・ニュース

前回に引き続き、社内において全社員を対象に新型コロナウイルスの抗原検査を実施致しました。

9月27日に横浜店、東京店全社員の「陰性」を確認いたしましたので、ご報告させていただきます。

緊急事態宣言が解除されましたが、塗装職人では今後も引き続き、お客様、御取引先様の皆様ならびに社員の健康と安全確保のため、感染予防対策を徹底して参ります。

見積り受付再開のお知らせ

By お知らせ・ニュース

東京都の緊急事態宣言を受けて4月30日から中止をしておりました見積り受付を本日14日再開いたします。

前回の抗原検査に続き実施した今回のPCR検査(変異株含む)の結果も社員全員陰性でした。

変異株拡大リスクに備えまして今後も引き続き下記感染対策をして参ります。

PCR検査陰性結果報告書(5月7日時点)の提示
・二重マスク(見積り調査時)
・検温
・アルコール消毒

なおマンション・ビル等の建物で長時間に渡る現地調査が必要になる場合は、気温も考慮に入れながらマスク1枚にて調査させて頂く場合もございます。

今後も新型コロナ感染対策により一層の注意を払っていく所存です。

株式会社 塗装職人

PCR検査陰性の結果報告とお見積り受付中止の継続

By お知らせ・ニュース

先日実施しました東京都医療保健機関による変異株を含む定期PCR検査(前回は抗原検査)の結果、社員全員が陰性となった結果をご報告いたします。

お見積りの受付一時中止は東京都の緊急事態宣言の延長を鑑みてこのまま継続させて頂きます。

受付再開につきましては5月14日(金曜)を予定しております。

また現在工事が込み合っているため、工事着工につきましては8月移行になる可能性になることをご考慮の上お申し込み下さい。

大変ご迷惑をおかけいたしますがご理解のほど、よろしくお願い致します。

株式会社 塗装職人

塗装職人 東京店

緊急事態宣言を踏まえお見積りの受付を一時中止します

By お知らせ・ニュース

塗装職人では4月25日に発令された東京都の緊急事態宣言を踏まえ、新規お見積りの受付を一時中止させていただいております。

建築業は営業制限の要請などを受ける業種に含まれておりませんが、変異株に対する感染予防対策の徹底とお客様の健康を考え”社員全員”の感染症指定医療機関によるPCR検査(変異株を含む)もこのタイミングに合わせて実施させていただきます。

なお今現在お申し込みを頂いているお客様につきましては、引き続き感染対策を徹底し対応させて頂きますのでご安心ください。

ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

2021年4月30日
株式会社 塗装職人