スレート屋根・カバー工法

スレートをはがさず現状のスレート屋根の上から被せて行う屋根工事です。昔の頑丈なアスベスト入りのスレート屋根の場合はそれほど需要がある工事ではありませんが、アスベストが入っていないノンアスベスト系のスレート屋根場合では、屋根塗装をしても不具合が出る種類のスレートも少なくないためガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板などの金属瓦を使った工事も増えています。

 

ノンアスベスト屋根の主な代表的な種類には、ニチハのパミールやコロニアルNEO、セキスイのかわらUなどがあります。(ノンアスベスト)

 

行程的には既存のスレート屋根にアスファルトルーフィングなどの防水紙を敷いて新しいスレート屋根もしくは金属瓦を被せて施工をします。

 

屋根塗装の場合棟板金は交換しないことが多いですが、カバー工法は基本下地から交換することも多いです。

トタン屋根も下地から交換して頑丈な屋根に

トタンを使用している家は築年数が経過しています。
下地も湿気や結露、または雨漏りが発生している場合などは腐食しかけているものが少なくありません。

古いトタンを撤去して野地板を新たに貼ってからの工事なので頑丈です。
形状はトタンでも素材はガルバリウム鋼板なので、塗装などのメンテナンスはほぼ不要になります。