施工対応エリア

(株)塗装職人

世田谷区、木造建築2階建てモルタル外壁塗装

施工前

施工後

今回は築30年の外壁塗装と雨戸などの付帯部分が多い工事例のお宅です。
施工前も施工後も汚れの目立ちにくい、人気色のアイボリーをご指定頂きました。

外壁はモルタルで塗料消費量の多いリシン描き落としの外壁です。

外壁塗装は大きく分けるとツルツルした外壁とザラザラした外壁に分けられます。
そのザラザラした外壁の中でも、凸凹がある表面が粗い外壁が今回の外壁です。
イメージして頂くとわかりやすいと思いますが、凸凹ザラザラの外壁はツルツルの外壁よりも、塗料の消費量が多いときで3倍使うこともあります。

ですので、家の大きさや外壁の面積だけでは安易に価格がだせないというのもここに理由があったりします。

まずは、塗装部分を洗浄して30年分の溜まった汚れを丁寧に落としていきます。

下屋根も瓦のため滑りやすい状態なので「ノンスリップマスカー」を敷いて足場を組みます。
緑色のシートが「ノンスリップマスカー」です。通常のマスカーに比較して破れにくく、滑りにくいシートです。

メッシュで全体を覆い、塗装作業に入ります。

付帯部分が沢山あり、雨戸は30枚ほどありますが、丁寧に「マスカー」で養生します。

下地調整として細かい研磨をする場合には、このように「スコッチブライト」を用います。

屋根は瓦なので塗装不要ですが、下屋根はトタンです。
下地調整として錆び止め塗装(オレンジ)をした後に、上塗りをします。

和風のお宅で玄関周りは木製のため、こちらは通常の塗装ではなく着色塗料のキシラデコールという塗料を使用しています。

パーフェクトフィラーで下塗りをした後に、パーフェクトトップで2回上塗り(アイボリー)をしていきます。

足場の撤去作業までに数日かかる場合は、強風から外壁を守ったり、風通しや採光を考慮してメッシュシートを畳む場合があります。

関連動画: