施工対応エリア

(株)塗装職人

築10年、世田谷区上野毛での屋根と外壁塗装

施工前

施工後

世田谷区上野毛にある築10余年のY様邸は、1階が人工石のタイル張り、2・3階が吹き付けサイディングのお宅です。
お隣の塗替えをきっかけに屋根と外壁の塗替えを検討され、横浜本店に問い合わせをいただきました。

現調に伺ったところ、傷みやすいシーリングや木部に劣化は見られるものの、全体的には良い状態。「傷む前に手入れをして、劣化を予防したい」という気持ちがあったようです。
奥様がとても熱心に情報収集されていて、遮熱塗装や世田谷区のリノベーション補助金の事など、具体的な質問・相談を受けました。

相談の結果、屋根・外壁共に日本ペイントの「サーモアイシリーズ」での遮熱塗装、バルコニーの遮熱防水工事、シールの打ち直しなどを行うことになりました。
一級塗装技能士・塗装指導員の資格を持つ曽根(和)職人が施工担当です。

【高圧洗浄】
まず初めに家全体を丸洗い。最高150気圧の業務用高圧洗浄機で、屋根・外壁の汚れと古い塗膜を洗い流し下地を整えます。

【屋根の遮熱塗装】
高圧洗浄後のスレート屋根に、遮熱性能のある「サーモアイシーラー」で下塗りを行います。造膜性によりスレート屋根への主剤の吸い込みを抑え、反射性能を高める役割も果たします。
スレートと言ってもアーバニーに似た一枚一枚の間に目地が広くとられているタイプの為、施工も普段のスレートよりも複雑になります。

施工中-屋根

水性シリコン系遮熱塗料「サーモアイSi」での中・上塗り後の屋根。北東にある急勾配の屋根は、屋根足場を設置しての作業となりました。
使用色はクールダークグレー。ツヤを抑えたシックな仕上がりです。

施工後-屋根

【外壁の遮熱塗装】
全体的に良い状態ではありましたが、傷みやすいシーリング部分には亀裂や剥離が見られました。放置しておくとそこから水が浸みこみ様々なトラブルの原因にもなるので、早めに対処しておくと安心です。

シールの打ち直しを終えた外壁を、日本ペイント「サーモアイウォール」で塗替えます。
元のマットな質感を変えたくないとのことで、5分ツヤ有りを選択。全日射反射率が70%以上の明るいベージュ(ND-112)での遮熱塗装を行いました。

施工後-屋根外壁

【防水工事】
バルコニーは「ウレタン密着工法」で、仕上げのトップコートに遮熱性能のある「サラセーヌ」を使っての遮熱防水工事を行いました。
こちらのS様邸と同じ工程での施工です。

【窓枠・幕板の塗替え】
塗膜剥がれなどの傷みが目立った、窓枠や幕板の施工の様子。下地調整をしてから、下塗り・中塗り・上塗りで仕上げます。
水分を含みやすい素材なので、しっかりと塗膜を重ね防水効果を高めます。

施工中-付帯部

【バルコニーの木製目隠しの修繕と塗替え】
傷みやすい木部は部分的に修繕を行ってから、専用の塗料で塗替え。ツヤのある質感に生まれ変わりました(写真左下)。細かい格子も刷毛で根気よく塗りすすめます。

施工中-ベランダ目隠し

【まとめ】
比較的傷みの少なく見える家も、足場を組んで隅々まで調べ早目の処置をすることで、劣化の抑止効果となり美しい状態を長く保つことにつながります。