施工対応エリア

(株)塗装職人

世田谷区上野毛、築23年の屋根と外壁塗装、ベランダ防水工事

施工前

施工後

マンションにお住まいだったS様ご夫妻は、お子様の成長に合わせて戸建ての中古住宅をご購入。済み替えにあたり屋根・外壁と内装のリフォームを計画され、東京店にご来店いただきました。

現地調査に伺ったところ、築23年の戸建て住宅は一度も塗替えを行っていないとの事で、外壁の色褪せやシーリングの劣化、屋根の汚れなど、全体的に経年劣化が見られました。
特に汚れの目立った屋根は、環境に配慮でき区の補助金の対象にもなる遮熱塗装をご提案し、日本ペイントの「パーフェクトクーラーサーフ(下塗り)ベスト(上塗り)」を使っての施工となりました。
こちらの現場の担当は、一級塗装技能士・塗装指導員の資格を持つ星野職人です。

【高圧洗浄】
最高150気圧の高圧洗浄機を使って屋根と外壁の汚れと古い塗膜を洗い流し、塗装の下地を整えます。
塗装を行わないタイル部分も丁寧に洗浄し、こびりついた汚れを落としました。

施工中-高圧洗浄

【屋根の遮熱塗装】
下の写真は高圧洗浄前のスレート屋根の様子です。全体的に色褪せ、苔などの汚れも目立ちます。雨押さえ(※1)など鉄部のサビや、釘の浮き(写真左下)もありました。

(※1 屋根の棟に打ち付けた材木に金属の板(板金)を被せ釘で留めたもの。屋根からの雨漏りを防ぐ役割がある)

施工前-屋根

高圧洗浄後、まずは鉄部の下塗りです。
釘の打ち直しなどの補修をしてから目荒らし(ケレン ※2)を行い、サビ止め効果のある下地を塗っていきます。

(※2 ナイロンたわしを使ってサビや汚れ、古い塗膜を取り除きながら微細な傷をつけ、上に塗る塗料の喰い付きを良くする下地調整作業)

施工中-屋根鉄部

屋根の下塗りは、赤外線反射顔料と熱の伝わりを低減させる中空バルーン入りの下塗り材、日本ペイント「パーフェクトクーラーサーフ」を使用。
遮熱上塗り層を透過した赤外線を反射させるので、主材「パーフェクトクーラーベスト」と合わせて使うことで、より高い遮熱効果を発揮します。

中・上塗りには、遮熱顔料の入った主材「パーフェクトクーラーベスト」のクールライトグレーを使用。メーカーカタログによる全日射反射率は55.7%・近赤外日射反射率は80.4%の高い遮熱機能を持つ色です。
同時に金属部分の塗装も行っていきます。

全ての工程を終えた屋根の様子。美しい光沢のある仕上がりです。
中塗りと上塗りを重ね厚みのある塗膜に仕上げることで、耐久性だけでなく、遮熱性能もしっかり発揮できる屋根塗装になりました。

-施工後-屋根

【外壁塗装】
まずは経年劣化で弾力の無くなったシールの張替えから。
サイディング目地やサッシ廻りを中心に、専門のシール職人が「古いシーリングをはがす(写真右上)」➔「はみ出さないようにテーピング(養生)」➔「プライマー(専用の接着剤)を塗る」➔「シーリング材を注入(写真左下)」➔「ヘラで均す」という手順で作業をすすめます。
シーリングの上から塗装をするため、塗料との密着性が高い2液タイプの業務用「ノンブリードウレタンシール材」を使用しました。

施工中-シール打ち直し

吹き付けのサイディングに塗装を行います。下の写真は、日本ペイント「パーフェクトトップ」で上塗りを行う星野職人。
塗装を行わないタイルの色味に合わせて、S様ご夫妻は濃いグレーを選びました。

施工中-外壁

【防水工事】
屋根に囲まれたバルコニーは、「ウレタン密着工法」で防水工事を行いました。
「ケレンをした後モルタルを充填・塗布し下地を整える」➔「下地との密着性を高めるプライマーを塗布」➔「粘性のある防水材料ウレタンを均一に塗り広げる(写真右上)」➔「2層目のウレタンを塗布」➔「トップコートで仕上げ(写真左下)」という工程ですすめます。

トップコートには、ウレタン層を紫外線や汚れの付着から保護し耐久性を高める役割がありますが、今回は遮熱性能のある「サラセーヌ」を使用したことでさらに遮熱効果も見込めます。

施工中-陸屋根

【まとめ】
淡いブルーから濃いグレーへの塗替えで、高級感のあるシックな外観にイメージチェンジ!築23年の中古住宅が、屋根・外壁の塗替えと防水工事によって、見た目の美しさだけでなく機能的にも生まれ変わりました。